長く付き合っている彼氏や彼女がいる人は、性病にかかる心配をあまりされていない方が多いですよね。でも相手が本当に浮気をしていないかはわからないことです。さらに、性行為での感染以外にも感染経路がある性病もあるので注意が必要です。

子宮頸がんに繋がる性病に注意

子宮頸がんは、子宮にウイルスが侵入することによって引き起こされるがんです。
ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスが発症の原因で、性行為を行なうことによって感染することがあり、性病の一種であるともいわれています。
子宮頸がんにはほかの原因によって発症することもありますが、99%はこのHPVに感染することだとされています。
基本的に大きくふたつのタイプに分かれており、良性型感染の場合は尖圭コンジローマ、悪性型感染の場合は子宮頸がんとなってしまいます。
HPVはイボとなるウイルスで、感染すると子宮にイボができてしまい悪性だとがん化してしまうのです。
感染は皮膚や粘膜に直接触れることによって起こります。大抵は感染しても免疫機能によって自然消滅しますが、免疫力が低下している時やホルモンバランスが崩れている時などに感染してしまうと、ウイルスは排除されずにがんなどの病気を引き起こしてしまいます。
ウイルスに対して一過性の免疫はつきますが、一生涯有効な免疫記憶は形成されないため何度でもかかってしまう可能性があります。
ウイルスを取り除く方法はないとされており、全ての性病に対して有効な粘膜同士が直接触れないようにして予防するという方法が有効です。いかなる時でも性行為を行なう場合には、コンドームを使用することが大切です。
しかし、コンドームでは100%性病を予防することはできないため注意が必要となります。
生理でもないのに性行為後に出血をしたり、生理後の下腹部に違和感がある、血尿や血便が出る、おりもののニオイが臭い、月に何度も出血すという場合には、子宮頸がんの疑いがあるため早めに病院で検査をすることをおすすめします。