長く付き合っている彼氏や彼女がいる人は、性病にかかる心配をあまりされていない方が多いですよね。でも相手が本当に浮気をしていないかはわからないことです。さらに、性行為での感染以外にも感染経路がある性病もあるので注意が必要です。

性病において性器から透明な液体が出てきた時の病気

性病は進行するとともに、身体的に様々な変化が表出してきます。とくに性器から透明な液体が滲むようになった場合は要注意となり、すぐに医療機関にかかる必要があります。
性病は潜伏期間が長く、性行為によって感染してから約数週間は何の異常も見られないことが多いです。病気の種類によっては、医師による検査すら潜り抜けてしまうことがあります。症状が出始めると、病期によって特徴的な身体の不調が出てきます。
性器から透明な液体が滲むのは、梅毒の第一ステージなど比較的初期の段階であると考えられます。この液体は、大抵の場合性器にできた腫瘍から滲んだ膿などであり、外性器に変化が無くても内部に異変が発生している可能性があります。腫瘍が尿道を塞いでしまうと、排尿障害などを引き起こしてしまい、腫瘍から別の感染症に罹患してしまうこともあります。
治療は、医療機関において早めに受けることが大切です。この段階は、他者への二次感染を非常に引き起こしやすい状態であり、放置しておけばパートナーや第三者にも病期を伝染させてしまうことになります。なお、性病は性器同士が直接接触した場合に限らず、性的なあらゆる営みにおいて感染するリスクが存在します。同性愛者の性行為や、避妊具などを着用しての性行為でも安心できないのはこのためです。感染者の性器を触れた手が間接的に目や口などの粘膜に触れた瞬間、そこを培養槽として病原体は増殖します。
また、母子感染など妊娠中の女性は早期に治療しなければ、胎児が障害を持って生まれたり、死亡したりすることにも繋がります。性病は最終的に筋肉や骨格までを侵食し、死に至る危険な病気です。予防策をしっかりと講じた上で、感染した場合は迅速に治療を行なわなければなりません。